七番までの車道       . 2013/03/30     .
 
伊予の鈍亀さんが七番までの車道を歩いていました
まだ 歩いていない所があるので 行って来ました
時間があったので 車道から炭の道までの(青い線)の道も探索
実際に歩いたルート 
2010/02/24 こちら  
2011/04/02 こちら

          七番までの車道               

  車道と言う名前で統一して呼びます
   「明治中期の別子銅山」の地図(伊藤玉男氏製作)に 車道となっています
  エンジンの付いた車ではなく 牛車・馬車の車道だったようです
  銅山峰を越えてきたのが「牛車道」ですが 旧別子には馬もいたようです
  上記地図では裏門から杖立に行く道は馬道となっています
   
   
8:15 県道脇に駐車して出発です 100mほど林道を歩くとすぐ登り口 8:32 林道にでました 西に進みます
  
8:46 林道と分岐 上の道が車道 ちょっと藪になったり 道が悪いところもある 道幅は3.22mぐらいだったのだろう
  
@の地点 8:52 腐った橋 8:57 軽快な道が続く  Aの地点 9:10 橋の橋梁部分が残っている
  
9:33 立派な石垣が残っています 気温6度 Bの地点 橋は当時の橋ではなさそうですが 9:47 下の県道に降りる道 真直ぐ車道 
  
9:48 すぐ下に県道が見えます 9:49 ここにも立派な石垣が残っています 9:52 県道の防護ネットの支柱がある
  
9:54 排水溝がみごと 大きく崩れるているところはありません のんびりと歩くには とってもいい所です
   


携帯電話の電波塔の
穂先が同じ高さにある
Cの地点 10:01 県道のすぐ上に こんな遺跡が残っているとは思えませんでした。
   
昔の街道といった雰囲気が・・・ 10:09 県道の看板が見えてきました この場所が旧別子 劇場跡まで続く車道の入り口
   
七番
住友林業のフォレスタがある所を「七番」と呼んで
いるが 七番には「下七番」「中七番」「奥七番」
があり 車道の終点は何処だったのだろうと思う
県道に分断されても続いている車道 林道の工事によって 痕跡がわからなくなる
    

          裏門から杖立までの馬道          

国土地理院の地図には載ってないのですがネットの地図には
林道が掲載されています。 行ってみる事にする
実際に行った軌跡 
11:20林道入口 チェーンが張られ鍵がかかっている ワダチもあり軽快に歩く 12:04 高度も上がると道が荒れてくる
12:07 ここで崩落 車は通行止めだ 12:09 林道終点  お弁当にする 携帯通話ok 伐採跡を進む 少し行くと道があった。 ここで道を
間違えたのだが気が付かなかった 上に向かう
道があったはずです
12:38 こんな道が現れた。スイスイ進む 谷に出ると崖に 橋が腐っており山を大きく迂回 13:12 また山道があります 時々道がなくなる
@の地点 13:19 三角点近くの峠に付く 
 来た事があるぞ
以前もきた 炭の道を歩く  Aの地点 13:58 渡れない 引き返す 
  
林道終点まで50分ぐらいかかって歩いたが ここから上に向かって道があるはずです 分からなかった。 
炭の道から 降りる道を探したが 崖に阻まれて発見できませんでした。 国土地理院の地図に載っているのだから昔はあったのだろう。
同じく Aの地点から 西に炭の道が伸びているが 等高線の詰まった崖を通過するので 廃道という事  期待して地図を見ながら行く事事態無謀

          その他 行ってみた  

住友林業 フォレスタのカタクリ  まだ早く 数株が咲いている程度でした
  
  
住友林業 フォレスタの上流
コンクリートブロックで出来た小屋
があり その脇に水路がある
水が流れ出ているので追跡
してみると トンネルがあった
フォレスタの管理人さんに聞くと
住友共電さんの施設のようだ
詳しい事は分からなかった
   
山神社

フォレスタから10分ぐらいの
所にある 遊歩道になっている
   
本日の歩数