東種子川       . 2013/04/18     .
   

    

種子川の高速の橋桁のところに 魔戸の滝 の看板がある
その道を登らず 橋を渡ると もう1本道がある
この道が 東種子川林道です。
1km余り進むと 舗装が切れる 
1.4km付近で車を路肩に駐車する。
ここから左記は 私の車では無理です。



    
支度をして歩き出すと 1台の車が通る。
話をしていると「乗っていくか?」
ありがたく 乗せて頂いた。
悪路であった。4WDだから走れるのか?
500mほど進んだところに 別荘があった。
毎日来て 畑や ミツバチの世話 など しているようだ
新居浜市内も見える 絶好の場所であった
30分ほど お邪魔しました。
  

@の地点は 林道の終点であり 谷が2つに分かれる
ここから道は山道になる
だんだんと 道が怪しくなりだす
林道を歩く 別荘から少しのところで崩落があり
車は通行できない。
30分ほど歩くと林道の終点です
ここで谷は2つに分かれる。
右に進む
左の道は 四国電力の鉄塔保線路のようだ。
Aの地点で道が なくなる
Bの地点まで引き返し(10:02)
登ってみるが 道はない。
仕方が無いので GPSを頼りに
地図の破線の道にあうように歩く
全く道らしき道はない

たまに 自然では出来ないような
石の並びに出くわす 道の跡なのだろうか。
おっ 道に出た。(11:00)
山中をさ迷う事 1時間  標高差200m 登っている
5分足らずで林道に出た。 
Cの地点から 林道を歩きました  魔戸の滝の下流で通行止めになっているので 車は通りません。
倒木 落石 があり荒れています  歩くには 問題がありません
  
Dの地点まで行きましたが眼下に魔戸の滝の駐車場・トイレを確認しただけで 引き返しました
  
Cまで引き返し 昼食
ここからも 地図では上部に向かって道があるので
探してみるが 道の痕跡が全く無い。


引き返す事にする
C〜Eに道があった
道は 通行が少ないのだろう 荒れている
   
Eの地点で 谷にでる 砂防ダムがある Fまで行くが 道はぐんぐん高度を上げる
下に降りる道が見つからない
藪道を見つけて降りるが 途中で消えてなくなった
途中で谷を渡り左岸を下る
すぐ 崩落箇所がある Gの地点
何とかAの地点にたどり着き 道を歩く
   
14:06 駐車していた車にたどり着く。

地図にある 破線の道は 全く無かった
第二次泉屋道 他の方法で探さなくてあはならない
.