笹ヶ峰       . 2015/05/27     .
   

別子山公民館で記録している登山地図に
C〜Dの時間が入っていない。
この調査と 他の時間の確認に登ってきた。
F〜Iは予定外の行動になった



@ 7:02 登山口
A 7:46 土山越
B 8:45 獅子舞の鼻
C 9:48 ちち山の分れ
D 10:25 七番分岐
E 10:36 崩落現場
F 12:05 ちち山東口
G 12:20 ちち山山頂
H 12:48 ちち山西口
I 13:17 笹ヶ峰山頂
C 14:31 ちち山の分れ
@ 16:42 登山口



歩数 36840歩
 私の歴代3位の記録
   
7:02 登山口 誰もいません 水曜日ですからね トンネルすぐの登り口に新しい看板が付けられた 登山道は 昔別子銅山の炭の道だった。
   
7:20 最後の水場 この日は暑く水は貴重となった。 解りやすい看板になりました。 7:42 土山越 左の道は林道でトンネル口に続く
      
イゲタのマークの石

このような石は別子の山中で何箇所か見た事があった。
別子銅山から少し離れたこの近辺であるとは驚いた。
この道は初めてではなく 何度となく通過しているのですが 意識が無く見過ごしていたのですね。
馬道の分れからちち山山頂まで 7個も発見した。今までに5個見つけていたので 一挙に倍増です。
早速 資料にまとめました。

だれが(住友さんが?) いつ(100年以上前) 何のために(不明)
 など謎だらけです。
       
誰が付けたか「獅子舞の庭」 本当にうまい事名前を付けたもんだ。手入れをしたように綺麗な庭になっている。
      


獅子舞大権現とあります。


一帯がブナの木の森になっています。 癒されるぅー
    
別子の山が一望できます  左が新居浜側の赤石山系  右が高知県境の山 東三ツ森山は大座礼山の向こうで見えない。
     
9:03 ちち山の分れが見えた ここからがエライ 9:48 ちち山の分れ  休憩じゃ! 平家平方面 鞍部まで降りる
    
10:11 一の谷越  10:52 七番分岐 石楠花が咲いていた。今回 花がない登山になった
    
赤い線が登山道 靴片足分の道幅 下は谷底 「通行止め」部分 道は無く岩がむき出し 4/18の写真 赤丸は通行止め部分 赤線は通れた。
 
4月18日に来たときは雪があって この箇所で危険と判断し 通行をあきらめて ここから 上の尾根道まで直登した。 
今回 反対側からやってきて もう一度危険箇所の調査をした。 
良く見ると谷の東側(なすび平)にロープがあり それを伝って降りる事は出来る。降りたとしても 対岸を登るにも崖になっている。
山男なら行く事が出来そうだが 足を踏みはずせば谷底まで止まらない。
少しトロくさくなった65歳の私は こんな所で命を賭けるのはゴメンだ。公民館のホームページの地図にも「通行止」にしておこう
  
七番分岐で休憩をしていると若者が笹ヶ峰から降りてきた
なんと東京から四国に来たという。
自宅−成田空港−松山空港−レンタかー−高藪−
平家平−笹ヶ峰−平家平−松山空港−成田空港
格安航空券で片道7000円 今夜には自宅に帰るようだ。

東京からみて この平家平−笹ヶ峰は魅力のある山
なのだろうか? 飛行機に乗ってまで。

11:34 ちち山の分れに帰る  赤丸はイゲタマーク石
      

予定はここまでだったが ちち山に登った事がない。 時間も昼前なので 足を延ばす事にする。笹ヶ峰はこのルートで一度行った事がある

ちち山下の道は 何とか登山道が見える状態 眺めは抜群 笹の緑がきれいだった 12:05 ちち山東口 ここから登る
    
直登のため 山がかぶさってくるように見える 12:20 ちち山山頂 15分かかった お弁当にする ちち山にもイゲタのマークの石 奥に山頂が見える
    
12:48 ちち山西口  時間が早い 笹ヶ峰をめざす 笹ヶ峰と言うだけに 笹の山です 昨年2月に着けた歩数計が青森県に入った
    
新居浜の最高気温は31.1度を記録した暑い日でした。
出かける時 こんなに暑くなるとは思わなかった。
日焼止めを塗ったが 鼻の頭から 皮が剥がれている。
鼻が一番高かったようだ。
900mmのペットポトル2本持参した。 水はいつも余る
のだが この日は土山越下の水場まで何とか 有りかねた

笹ヶ峰山頂で「予定外でここまで来てしまった」と言うと
「やっぱり目の前に山があると登りますね」

今日の登山記録で 山の地図の一部の空白が無くなった
13:17 笹ヶ峰山頂 7人居ました 雑談後下山 16:42 登山口 ヘロヘロになって降りてくる。
   
http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/besshikou/201404162.html  PDFでダウンロード